診療内容

脈診(みゃくしん)

鍼灸
左右の手首の脈の打ち方や脈の質を診ます。脈の打ち方や脈の質を診ることによって、現在の身体の状態や気の乱れを知ることができます。

腹診(ふくしん)

鍼灸
おなか表面のざらつき、硬さ、違和感の有無を診ることによって、現在の身体の状態や気の乱れを知ることができます。

小児はり

鍼灸
「小児はり」とは乳幼児専用の鍼治療のことです。
大人のように鍼を刺すのではなく、鍼もしくは円鍼(えんしん)と呼ばれる先が丸い形をした特殊な鍼で、ツボやおなか・背中の皮膚を撫でて治療を行います。
痛みや苦痛もなく、お母さんが抱っこしたり、そばにいてもらっても治療ができます。 アトピー性皮膚炎や小児ぜんそく、夜泣き、かんの虫、夜尿症ほか様々な症状でお悩みの方も是非ご相談ください。

夜尿症

鍼灸
人には言えないおねしょの悩み。お気軽にご相談ください。改善したとの治療結果にお母様方から大変喜ばれております。
秘密は厳守致します。

安産のお灸

鍼灸
おなかの中の赤ちゃんを元気に成長させて安産を導くお灸です。
またお母さんの体調を整え、妊娠中の心身の状態を安定させることができます。
妊娠初期はお母さんの体調を整える鍼治療を行います。
安定期(5ヶ月目:16週以降)に入ると「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれるツボにお灸をします。
受診時にツボの位置とお灸のすえ方を指導しますので、ご自宅でも毎日続けることができます。

逆子治療

鍼灸
お陰様で産婦人科のドクターの紹介を受けるほどになりました。
妊娠中期から後期の方も肩こりや湯痛で多く来院されています。
はり灸治療は一切副作用がありませんので、安心して治療を受けることができます。